座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

格闘技会場の座席指定チケットはこう作る!

NOW P
座席指定券印刷のチケットハウス 》 座席指定券の作り方 》 格闘技チケットはこう作る


コンサートとスポーツイベントのチケットの違いは、会場の形にある

座席指定券と言って一番の思い浮かぶイベントは、やはりコンサートでは無いでしょうか。

座席指定券の発券されるコンサートや演奏会は、日本全国の大小さまざまな会場で、毎日行われています。

しかし、そんなコンサートや演奏会に負けず劣らず開催されているのがスポーツイベント。

このスポーツイベント、同じように座席指定券が発券される規模のモノであっても、その会場の作りは、コンサートホールとは大きく異なっています。

続きを読む

手売りにみるチケットの本質

管理

ネットで票券管理(チケット管理)ができる時代ですが、でも、1枚でも多くのチケットを売ろうと思った場合、ネットでただ宣伝をしただけでは、ほとんど集客には結びつきません。

というか、それでお客さんが来るのならチケットぴあに頼めばいいだけ。

小劇場の世界やアマチュアオケの世界では、最初のチケット販売は手売りからスタートするものです。

続きを読む

会場の数だけ座席指定券の作り方がある

座席指定券の作り方_アイキャッチ

あなたの知らない座席指定券がこんなにたくさん

このページを見ている方は、はじめてチケット担当になり、はじめて座席指定券を作らなければいけなくなったのではありませんか。

そんなあなたが、いつも行っている音楽ホールを思い浮かべて
「座席指定券なんて列と番だけ指定できればいい」
と考えているのなら大変。

座席指定の仕方は、会場の形の数だけあるんですよ。

続きを読む

ナンバリングは2度印刷する

NOW P

ベースのチケットを印刷した後にナンバリングする

ナンバリングがどんなに便利でも、その特殊な印刷方式を理解していないと、決して使いやすいチケットは作れません。

ナンバリングはどうしてもデザインに制約ができてしまいますし、ナンバリング用のエクセルデータを作る必要もあります。

でも、そんな手間をかけるだけの価値がナンバリングチケットにはあるんです。


ナンバリングは、最初にチケットを印刷することからはじまる

ナンバリングチケットは、まずベースとなるチケットを通常のオフセット印刷で印刷します。

その後から、ナンバリング部分を印字するので、ナンバリングを前提にしたチケットデザインにしていないと、せっかくのナンバリングが「読めなかったり」「はみ出したり」してしまうことも…。

NOW P

ナンバリングは後から印字する

コレがナンバリングの最大の特徴です。


エクセルデータの通りにしかナンバリングしない

チケットにナンバリングする文字は、エクセルでデータとして作っておく必要があります。

ココが最大のポイントで、エクセルデータに入力されていないことはナンバリングできませんし、エクセルデータが間違っていても、機械は気にせずにナンバリングしてしまいます。


1から10までの入力ならすべての数字が必要

NOW P

人間の頭なら「1〜10」といえば、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10と一瞬で判断しますが、コンピューターにとっては、間の2〜9の数字は存在しないことになってしまいます。

ナンバリングデータは、1つ1つ必要なデータはすべてエクセルに存在しないといけないんです。


A席とS席の料金が違うのなら、料金のデータが必要

NOW P

人は、A席とS席とではチケットの料金は違うのではないかと推測します。

でも、コンピューターはそんな推測はしてくれません

ナンバリングに必要な綱目はすべて設定し、なおかつそれが入力すべき位置に入力されるようにエクセルデータを作る必要があるのです。


文字数が多くなればはみ出すのは当たり前

NOW P

特殊なことを言っているように思えないかもしれませんが、エクセルデータを作る時に一番見落とすのがコレ。

『S席』と『車いす席』とでは倍の長さになりますし、『バルコニー席』ともなれば、さらに1文字分長くなります。

文字が多くなることがわかっている場合は、チケットデザインの段階で十分なスペースを取っておく必要があるんです。


ナンバリングでできるこんなこと

NOW P

チケット1枚づつ違う内容を印字するのがナンバリング

ナンバリングが便利だと言うことはわかっていても、そのナンバリングがどんなものかは、意外とわかっていなかったりするもの。

便利な機能なのに、中身をよく理解していないためにうまく活用しきれていないナンバリングを、わかりやすく解説します。


ナンバリングは、数字以外も印字できる優れモノ

ナンバリングという言葉から、数字だけを印字すると思われがちですが、正式にはバリアブル印刷と呼ばれ、数字以外も印字することができるんです。

連番でチケット管理をしたり、座席番号を印字するして座席指定券を作ることばかりを連想しがちですが、日にちや会場名、やろうと思えば演目や出演者の名前まで印字できるのがナンバリング。
ナンバリングを理解すれば、あなた思い通りのチケットを作ることができます。


ナンバリングで、こんなチケットが作れます

定番 座席指定券

NOW P

ナンバリングチケットの定番は、やはり座席番号が入った座席指定券

この座席指定券だって、単純な列・番だけでなく、S席やA席という席種から、席種別で違う料金まで、いろんな形でナンバリングが可能です。


会場別のイベントチケット

NOW P

大きな野外イベントで複数の会場があったり、ツアーでいくつもの会場を回るときにも、ナンバリングチケットは威力を発揮します。

会場名をナンバリングすれば、イベントやツアーとしての統一したチケットデザインができて、会場名だけは差し替えることができる。
もちろん、日にち別のチケットにすることだって可能です。


演目別チケットで曲目をチケットに書いてしまう

NOW P

複数ステージがあるライブで、ステージごとに曲目を変えたり、セミナーなどで内容別のチケットにしたりと、ナンバリングチケットの応用力たるや凄いのひと言。

十分なスペースを取っていれば、ある程度の文章だって入力可能です。


今日のライブのゲストだって書けてしまう

NOW P

ゲストミュージシャンにお笑いライブの出演者。

ステージごとや日替わりで出演者に変動があるときでも、ナンバリングを活用すれば1種類のチケットデザインで大丈夫。


キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
営業日カレンダー
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード