座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

ナンバリングデータをエクセル以外で作る googleスプレッドシート活用法

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


excelエクセルを持っていなくても、googleの機能で簡単にナンバリングデータを作ることができます。

googleのアカウントを取得しよう


googleは、インターネットの検索だけに使い物ではありません。
アカウントを取得すれば、メールが使えたりデータが保存できたりと、大変便利なサービスを無料で使うことができます。

アカウントの取得はとても簡単ですから、すぐにあなた専用のアカウントを取得しましょう。  googleホームページ



googleドライブには、ワードやエクセルが装備されている


googleのアカウントを持っている方がgoogleにアクセスすすると、自動的にあなた専用のページ表示されるようになります。
左上にある『もっと見る』をクリックすると、下方向にメニューが表示されます。

googleドライブの使い方

最初に表示されている『ドライブ』をクリックして、googleドライブの画面を表示させましょう。

googleドライブは、データを保存することのできるサービスですが、標準で『ワード』や『エクセル』と同じ機能を持つ『文書(ワード)』や『スプレッドシート(エクセル)』が装備されていますから、これを使って座席指定用のナンバリングデータを作ることができます。

googleドライブ文章
文章
googleドライブスプレッドシート
スプレッドシート



スプレッドシートで座席指定用のナンバリングデータを作ろう


googleドライブに装備されているスプレッドシートは、エクセルの簡易版のようなもの。

座席指定用のナンバリングデータは、数字が並んでいるだけの単純な作りなので、このスプレッドシートで十分に作成が可能です。

googleドライブの使い方01


左上の『作成』ボタンをクリックして『スプレッドシート』を選びましょう。

googleドライブ_スプレッドシート01

方眼紙のような画面が出てきましたが、これがスプレッドシート

表を作るための原本のようなもので、各ます目に数値や文字を入力して表を作成するシートです。

googleドライブ_スプレッドシート02

この表の中に座席番号やチケットの金額を入力すれば、それだけで座席指定券用のナンバリングデータが出来上がります。



戻る 01 02 03 次へ


座席番号を入力したらドラッグするだけの簡単操作

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


excel

覚える操作はドラッグのみ

座席指定券のエクセルデータを作るのに、難しい操作は必要ありません。
セル(ます目)に数字を入力したら、あとはドラッグするだけです。

項目設定をしよう

最初の(横の並びを行、縦の並びを列と呼びます)に、チケットに設定するナンバリングの項目を入力します。

文字や数字を入力するます目のことをセルと呼びますが、ひとつのセルにはひとつの項目を入力します。
決して、セルの中に複数の項目の数字が混在しないように注意しましょう。

数値をしよう

今回は、『階』 『列』 『番』 の座席指定券を作ります。

最初に『階』の設定です。

googleドライブ_スプレッドシート03


階という文字のの下に1と入力します。
これが、チケットでは『1階』と表示されます。

こうして、座席指定のデータはを各項目の下に順次入力して行きます。

ドラッグして連続入力

ココからが、パソコンの便利さを実感する瞬間。

googleドライブ_スプレッドシート04

最初の数値を入力したら、その数値を入力したセル(ます目)の右下角にマウスをもって行きましょう。
すると、マウスが『十』に変化しますので、そのまま下方向にマウスを押したまま下げて行きます。

googleドライブ_スプレッドシート05


この、マウスボタンを押したままマウスを移動させることをドラッグといい、複数のセルを選択するときに使います。

先ほどの、マウスが『十』になったときにドラッグをすると、入力していた数値がドラッグした方向へ連続してコピーされて行きまから、これを使えば1階席が600席あっても簡単に1という数字を600個入力することが可能です。

連続した数字も自動で入力してくれる

この機能には、さらに便利な使い機能が隠されています。

それは、座席番号のように数字が変化するようなデータも、ドラッグで簡単に連続入力ができてしまうというもの。

googleドライブ_スプレッドシート06

最初に、席番号のセルに『 1 』 『 2 』 と入力します。

そして、先ほどと同じように、右下にマウスを持って行ってポインターが『十』に変わったら、必要な数だけドラッグをします。

そうすると、今度は連続した数値がセルに入力されました。

googleドライブ_スプレッドシート07

これは、最初に数値の並びの規則性をこのシートが認識して、その規則性に沿って数字を自動で入力してくれるという機能のおかげ。

ちなみに、最初に3づつ増える数値を設定しておけば、3づつ増える数値が自動で入力されて行きます。

不要な座席も入力してから削除すると、作業も早い

このようにして、簡単に連続した数値が入力できるのですが、劇場はすべての座席番号が並びの数字だとは限りません。

そんなときは、1から50までの座席番号が最多の場合、すべての座席番号を入力したのちに、不要な座席の番号の部分を選択して『を『削除』すればいいだけです。

不要な部分の数値が、シートの左端の数字部分を選択して『右クリック』。
出てきたメニューの中から『行 - を削除』を選んで行ごと削除してしまえば簡単です。

googleドライブ_スプレッドシート08



戻る 01 02 03 次へ


データをデスクトップに保存してメールでお送りいただけば完了

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


エクセルデータをパソコンに保存しよう

作成した座席指定券用のナンバリングデータは、パソコンに保存することができます。

エクセル形式で保存しよう

googleドライブで作成したスプレッドシートをパソコンに保存するには、上段の『ファイル』から『形式を指定してダウンロード』を選択。
『 Microsoft Excel(.xlsx) 』をクリックすると、保存先を指定する画面が表示されますので、分かりやすい場所に保存してください。

googleドライブ_スプレッドシート09


保存したナンバリングデータは、メールに添付してお送りいただければOK。


スプレッドシートは、売上げ管理や会員名簿などにも使えます

googleドライブのスプレッドシートは、いくつでも作ることができますので、座席指定券のナンバリングデータだけでなく、チケットの販売管理顧客名簿などにも使えます。

エクセルほどの高機能ではありませんが、住所録程度ならすぐに作ることが可能。
操作方法はエクセルと同じですから、インターネットにあるエクセルのマニュアルサイトやハウツーサイトの基本編を見るだけで、すぐに使えるようになりますよ。



戻る 01 02 03 次へ


ナンバリング用のエクセルテンプレートをご用意しました

トップ 》 ナンバリング 》 エクセルテンプレート


座席指定券_エクセルで作るナンバリングデータ

ナンバリングデータはエクセルで簡単作成

座席指定券などに使うナンバリングデータは、エクセルでお作りください。
もちろん

「エクセルは苦手…」
「エクセルを持っていない」

そんな方にで大丈夫なように、しっかり無料で使えるエクセルや作成の解説ページもご用意しています。

ナンバリングデータテンプレートの使い方

1. ナンバリングデータの基本形を理解する

ナンバリングデータ

ナンバリングでの入力項目は、1〜2階の区別や南北などの入口・場所など数字以外もナンバリングで対応できますから、いろいろな用途のにお使いいただけますが、エクセルデータの作り方を間違うと、全く関係ない位置に項目や数字が入力されることになってしまいます。

ポイントは、ナンバリングデータは縦に長くなってしまうのを理解すること。

長くなるからとシートを変えたり2行にしてたりすると、それだけでチケット上のナンバリング位置が変わってしまいますからご注意ください。

2. チケットに入力される項目を1行目に記入する

上の図の「1」の行に、チケットに設定する項目名を入力してください。
これが設定項目としてカウントされ、1設定1,000円として計算されます。

また、同じ項目をチケット上に2か所入れる場合は、項目を2列作る必要はなく、設定カウントも1設定とカウントしますので料金も加算しません。

3. 変化する枚数分だけ下へと入力していく

あとは変化する数字や項目を下へ下へと入力して行きます。

上の図で解説すると、1階は17枚必要なので階の項目の「1」という数字は17コ連続します。
位置という項目の「南」という文字に至っては、必要な枚数分だけ連続しますので、この図では一番下まで続いています。

こうして入力された項目の「行」が、1枚にチケットに配置されることになります。
例 10行目のチケットこうなります

座席指定券_ナンバリング事例


エクセルテンプレート

ダウンロード
ベーシックタイプ
列・番タイプ
階・列・番タイプ
日時・開演・列・番タイプ
エクセルテンプレートは(右クリックで[対象を保存])でダウンロードできます。
※ 単純連番の場合は、エクセルデータは特に必要ありません。


エクセルデータ作成サービス

> エクセルで座席データをお作りになれないお客様に変わってエクセルデータをお作りいたします。 ※ナンバリングのみのご依頼はできません

■ 座席指定指示からの作成  1,500円

■ 劇場座席表からの作成  2,500円 ※劇場サイトに座席PDFデータのある場合のみ

ナンバリングお申込み

ナンバリング用エクセルデータの作り方



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ご希望のナンバリング方法をご指定ください

座席指定券のレイアウト指示
トップナンバリング 》 ナンバリング方式


Illustratorにナンバリングレイヤーを作って指定してください

ナンバリングの位置やフォント(文字)の指示は次の方法で行ってください。

ナンバリングのレイアウト

申し込みフォームで指定する

▼ ナンバリングフォント

ナンバリングフォントはお申し込みフォームでご指定ください。

印刷データ上で指定する

▼ ナンバリング位置

Illustratorにナンバリングレイヤーを作ってそこでご指定ください。
※ナンバリングレイヤーは印刷されません

▼ フォントサイズ

フォント(文字)サイズは、印刷後のナンバリング処理という特性から、基本的には弊社でナンバリング指定位置にうまく入るように調整いたします。
※ナンバリングレイヤーは印刷されません


ナンバリングの特性と限界

印刷したチケットの印字するというナンバリングの方式は、いろいろな面で制約があります。

▼ 位置ズレ

後から印字するため、数ミリという幅ですが印字位置に誤差が出ます。
文字自体が小さいために、たった数ミリでもズレがわかることもありますので、狭い場所へは印字が難しくなります。

▼ 数字の強調

数字を目立たせるために列や番の文字より数字を大きく印字する場合は
設定数が多くなる
ズレのためにバランスが悪くなる
この2点に関してご了承いただく必要がございます。

データ上での指示でなく、メールやお申込フォームでご指定いただいた場合は、言葉の受け取り方の違いからご希望通りに仕上がらない場合もございます。
ま何bなリング指定位置にうまく収めるために、弊社での微調整は必ず必要になりますので、その点はご了承ください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
営業日カレンダー
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード