座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

ナンバリングチケットはこうして印字されます

座席指定券のナンバリングはみ出し注意
トップ 》 ナンバリング 》ナンバリング仕様

印字を理解して綺麗なチケットを作る

印刷したチケットに後から印字するナンバリングの仕上がりは、どれだけチケットに馴染むかがポイント。

そのためにも、ナンバリング印字に関してしっかり確認しておきましょう。

ナンバリング仕様の確認

ナンバリング仕様


ナンバリング機で印字される座席番号や数字は、文字サイズや色に制約があります。

▼ フォント

フォント(文字)はゴシック系と明朝系を選べます。
チケットのデザインとの兼ね合いを考えてお選びください。

▼ サイズ

文字サイズは最小4ポイントですが、印刷後の印字のため、下の図案に大きく影響を受けますから、できるだけ大きな文字設定にしましょう。

▼ 文字間隔

文字の横幅や間隔はフォントによって違います。ナンバリング機はIllustratorの様に文字間隔を調整することができませんので、長い文字をナンバリングするときは設定を分けてください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリング料金は設定の仕方で大きく変わる

座席指定券_こんなに便利
トップナンバリングに関して 》 ナンバリングの料金設定

ナンバリングが変化する場所こそが料金や活用法の決め手

座席指定券で活用されるナンバリングは、その応用範囲は無限大と言ってもいいほどですが、使い方や料金のポイントはただひとつ。

それは、どの部分が変化して行くのかということ。

変化する部分を設定する都度に料金が発生するので、無駄なく効率のいい設定をすれば、票券管理チケット販売が楽になるだけでなく、チケットの印刷代金も抑えることが可能になります。

ナンバリング料金は設定数と印字代で計算

ナンバリング料金の計算式はこう。

チケットハウス_ナンバリング_料金

チケットハウス_ナンバリング_料金黒板内容の変化するナンバリング部分1カ所の設定につき1,000円)。
本券・半券で1セット


この設定料金に、チケット1枚に印字する印字単価2円を枚数分加えたものがナンバリング代金となります。

▼ 設定箇所

ナンバリングが変化する場所を1箇所設定するごとに1,000円かかります。

この設定は数字が1箇所ということではなく、スペースが1箇所となりますから、『A列12番』という場合は、『A列』と『12番』の2箇所を設定してもOKですし、『A列12番』と設定しても大丈夫です。
ただし、『A列12番』と一気に設定すると、途中で『バルコニー 14番』のような長い文字がでてきた場合は、文字がはみ出してしまいますし、エクセルデータ入力で全角文字・半角文字を理解していただいていないと、やはりはみ出してしまいます。
また、同じ項目(列や番)を本券と半券に設定する場合は、2箇所ではなく1箇所計算となります。

▼ 印字

印字は1枚2円となります。

ナンバリングの詳しい解説

ナンバリング作業自体をご理解いただくと、さらに便利なチケット作ることができます。

下に並んだボードで、ナンバリングの設定方法から弊社へのご依頼方法までを解説していますので、ぜひご確認いただいて、あなたの公演にあった最高のチケットを作ってください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリングを極めれば、座席指定券作成は難しくない

座席指定券_こんなに便利
トップ座席指定券の作り方 》 ナンバリングチケットはこんなに便利

ナンバリングとは、チケットの上にもう一度印字すること

ナンバリングとは、印刷物に再度ナンバーを印字することです
つまり、ナンバリングを使って座席指定券を作るということは、印刷されたチケットに座席番号などを再度印字することで、チケット管理をスムーズに行う技法の名称だと思ってください。


ナンバリングが数字だけだと思ったら大間違い

しかし、だからといってナンバリングを座席番号を入力するだけのものだと思ったら大間違い。

ナンバリングで数字だけを入力したって抽選券整理券などを作ることができまし、文字も入力可能ですので、日付別のチケットや会場別のチケットを作ることも、出演者別のチケットを作ることだってできるんです。


ナンバリングはこんなに便利

ナンバリングの基本的な利用法は次の3つ。

ナンバリングでできることあれこれ


票券管理

イベント運営の基本とも言える票券管理(チケット管理)で、ナンバリングが多大な効力を発揮します。
管理するための連番を入れたり、券種や席種、販売経路別の記号などを印字しておけば、公演後の集計だけでなく、チケットの販売中でも状況確認が簡単にできます。

座席指定券作成

ナンバリングの最大活用法が座席指定券を作ること。

これは特に解説する必要も無いほど浸透していますが、『列・番』だろうが『階・列・番』だろうが関係なく印字が可能です。

多彩なチケット作成

弊社でナンバリングを最大限に有効活用している劇団さんは、座席指定だけでなく、日時指定や全国公演での会場指定、ステージ別のゲスト名まで入れているほど。

チケットなども作れるナンバリングですが、用途はそれだけではありません。

他にも、クーポン券の有効期限を数パターン入れたり、イベント会場のアトラクション名を入れ替えたチケットを作ったりと、ナンバリングには数限りない利用方法があるのです。

ナンバリングの活用方法を大解説

こんな便利なナンバリングですが、そこはやはり車の運転やパソコン操作と同じで、いきなり活用できるわけではありません。

次のページで、ナンバリングのやり方や料金、その活用方法を解説してありますので、ぜひご確認ください。

座席指定券印刷_ナンバリング解説


ナンバリング活用事例



座席指定券印刷はおまかせください

トップ 》 座席指定館印刷はおまかせください


演奏会やコンサートで、お芝居やスポーツイベントで、講習会やセミナーでも活躍する座席指定券専門の印刷サイト。それが座席指定券印刷のチケットハウスです。

座席指定券を作って20年

チケットハウスは演劇チケット作成20年の実績を活かし、演奏会やコンサート、スポーツイベントの座席指定券を数多く印刷してまいりました。

今では座席指定にとどまらず、日時別の演劇チケットやステージ別の演奏会チケット。
出演者別のお笑いチケットから講演別のセミナーチケットまで、あらゆるジャンルの指定券を印刷しており、初めて座席指定券を作られるお客様でも安心してご依頼いただけるチケット印刷サイトです。

座席指定券の基本ナンバリングを超解説

各種指定券を作る場合に理解しておかなければいけないのがナンバリング。
ナンバリングを理解することで、独自の項目設定の便利で使いやすい指定券を作ることができます。

だからこそ、チケットハウスではナンバリングを徹底解説。

座席指定券印刷_ナンバリング解説

あらゆるイベントで使えるノウハウをご提供しています。


お申し込みまでの手続き簡単

他の印刷サイトが細かなサービスを提供しているために、会員登録をしたり、申込時に数ページに渡る申し込みフォームを記入するのに対して、チケットハウスの座席指定券は、たった1ページの申し込みフォームを記入するだけ。

座席指定券印刷_申込手順へ


これは、座席指定券印刷に特化しているからできること。

ただし、ただの町工場のチケットハウスですから、細かな対応ができませんので、その点だけはご了承ください。


代金引換でお届け

支払い方法


お支払いは代金引換が基本 振り込みをご希望のお客様は事前にお振り込みください

代金引換

座席指定券ハウスでのお支払いは代金引換が基本です。

代引き_がん



振り込みをご希望のお客様は事前にお振り込みください

お支払いと配送先が違うなどで銀行振り込みをご希望のお客様は、その旨をメールでご連絡いただき、下記銀行口座へ商品の発送前日までにお振込みください。

  -------------------------------------------------------------
  みずほ銀行   大泉支店 
  普通預金 1385014   ヒツジヤ ガンジロウコウボウ
  -------------------------------------------------------------

またお振り込みの際は、お申込者様のお名前でお振り込みください。



キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
営業日カレンダー
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード