座席指定券_こんなに便利
トップ座席指定券の作り方 》 ナンバリングチケットはこんなに便利

ナンバリングとは、チケットの上にもう一度印字すること

ナンバリングとは、印刷物に再度ナンバーを印字することです
つまり、ナンバリングを使って座席指定券を作るということは、印刷されたチケットに座席番号などを再度印字することで、チケット管理をスムーズに行う技法の名称だと思ってください。


ナンバリングが数字だけだと思ったら大間違い

しかし、だからといってナンバリングを座席番号を入力するだけのものだと思ったら大間違い。

ナンバリングで数字だけを入力したって抽選券整理券などを作ることができまし、文字も入力可能ですので、日付別のチケットや会場別のチケットを作ることも、出演者別のチケットを作ることだってできるんです。


ナンバリングはこんなに便利

ナンバリングの基本的な利用法は次の3つ。

ナンバリングでできることあれこれ


票券管理

イベント運営の基本とも言える票券管理(チケット管理)で、ナンバリングが多大な効力を発揮します。
管理するための連番を入れたり、券種や席種、販売経路別の記号などを印字しておけば、公演後の集計だけでなく、チケットの販売中でも状況確認が簡単にできます。

座席指定券作成

ナンバリングの最大活用法が座席指定券を作ること。

これは特に解説する必要も無いほど浸透していますが、『列・番』だろうが『階・列・番』だろうが関係なく印字が可能です。

多彩なチケット作成

弊社でナンバリングを最大限に有効活用している劇団さんは、座席指定だけでなく、日時指定や全国公演での会場指定、ステージ別のゲスト名まで入れているほど。

チケットなども作れるナンバリングですが、用途はそれだけではありません。

他にも、クーポン券の有効期限を数パターン入れたり、イベント会場のアトラクション名を入れ替えたチケットを作ったりと、ナンバリングには数限りない利用方法があるのです。

ナンバリングの活用方法を大解説

こんな便利なナンバリングですが、そこはやはり車の運転やパソコン操作と同じで、いきなり活用できるわけではありません。

次のページで、ナンバリングのやり方や料金、その活用方法を解説してありますので、ぜひご確認ください。

座席指定券印刷_ナンバリング解説


ナンバリング活用事例