座席指定券_こんなに便利
トップナンバリングに関して 》 ナンバリングの料金設定

ナンバリングが変化する場所こそが料金や活用法の決め手

座席指定券で活用されるナンバリングは、その応用範囲は無限大と言ってもいいほどですが、使い方や料金のポイントはただひとつ。

それは、どの部分が変化して行くのかということ。

変化する部分を設定する都度に料金が発生するので、無駄なく効率のいい設定をすれば、票券管理チケット販売が楽になるだけでなく、チケットの印刷代金も抑えることが可能になります。

ナンバリング料金は設定数と印字代で計算

ナンバリング料金の計算式はこう。

チケットハウス_ナンバリング_料金

チケットハウス_ナンバリング_料金黒板内容の変化するナンバリング部分1カ所の設定につき1,000円)。
本券・半券で1セット


この設定料金に、チケット1枚に印字する印字単価2円を枚数分加えたものがナンバリング代金となります。

▼ 設定箇所

ナンバリングが変化する場所を1箇所設定するごとに1,000円かかります。

この設定は数字が1箇所ということではなく、スペースが1箇所となりますから、『A列12番』という場合は、『A列』と『12番』の2箇所を設定してもOKですし、『A列12番』と設定しても大丈夫です。
ただし、『A列12番』と一気に設定すると、途中で『バルコニー 14番』のような長い文字がでてきた場合は、文字がはみ出してしまいますし、エクセルデータ入力で全角文字・半角文字を理解していただいていないと、やはりはみ出してしまいます。
また、同じ項目(列や番)を本券と半券に設定する場合は、2箇所ではなく1箇所計算となります。

▼ 印字

印字は1枚2円となります。

ナンバリングの詳しい解説

ナンバリング作業自体をご理解いただくと、さらに便利なチケット作ることができます。

下に並んだボードで、ナンバリングの設定方法から弊社へのご依頼方法までを解説していますので、ぜひご確認いただいて、あなたの公演にあった最高のチケットを作ってください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期