体育館だと列、番だけでは管理できない

座席指定券ナンバリングで思い浮かぶ「階、列、番」ですが、スポーツイベントで使用されるアリーナ(競技場のような施設)会場の場合では、これでは設定が足りません。

座席指定券の作り方_アイキャッチ

 

正面にステージを見る形のホールではなく、プロレスやバレーボールなど、リングやコートを取り囲む形の体育館では、列、番の前に東西南北などの位置を示す表記が入ってきます。

また、体育館などでアリーナ席と呼ばれる試合場のすぐ脇の席と2階席とでは、必然的に料金も変わってしまいますから、ナンバリングには料金設定も必要になってきます。

 

ナンバリング例

アリーナ席 8,000円 南側 2列 24番
2階席 6,000円 北側 1列 5番

 

ナンバリングデータの作り方

設定数は多くなりますが、アリーナなどは規則性がハッキリしていますから、ナンバリングデータを作るのはそれほど大変ではありません。

2階席

注意点としては、2階などがベンチ席の場合、単純な番号表記ではなく『A−12』や『い024』といった作りやスペースを考慮した記号が割り振られている会場があったりしますから、事前にチェックが必要です。

 

会場が大きくなれば、出入り口表記が必要になることも

野球観戦に行ったことのある方なら、席によって出入り口が違うのをご存知でしょう。

それこそ、外野席とバックネット裏とでは、交通機関まで違ってしまう球場もあるほど。

また、会場の作り自体のために入口表記が必要な事例として、日本武道館のトリビア「1階から入場したのに、なぜかそこは2階だった」というのが有名ですが、チケットに入口のナンバリングが無いと、入場した瞬間に迷子になってしまいます。

他にも、屋外イベントなども入口の表記が必要な場合が多く、前記のように交通機関まで変わってしまう場合もありますから、ナンバリング項目を設定する場合は、事前にしっかりチェックしましょう。

ちなみに、日本武道館は掘り下げ式の建物なので、1階の入口から入っても2階に、2階の入口から入ると3階になるという、初めての人は必ず迷子にしてしまう迷宮のような建物です。