座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

座席指定券作成に便利

そのチケット、料金が変わるのを忘れてませんか? 席種別チケットの盲点

デザインするのって大変なんだから 01-500
座席指定券ハウスナンバリング 》 そのチケット、料金が変わるのを忘れてませんか? 席種別チケットの盲点

続きを読む

列・番だけの座席指定券にも落とし穴がある

デザインするのって大変なんだから 01-500
座席指定券ハウスナンバリング 》 列・番だけの座席指定券にも落とし穴がある

続きを読む

格闘技会場の座席指定チケットはこう作る!

NOW P
座席指定券印刷のチケットハウス 》 座席指定券の作り方 》 格闘技チケットはこう作る


コンサートとスポーツイベントのチケットの違いは、会場の形にある

座席指定券と言って一番の思い浮かぶイベントは、やはりコンサートでは無いでしょうか。

座席指定券の発券されるコンサートや演奏会は、日本全国の大小さまざまな会場で、毎日行われています。

しかし、そんなコンサートや演奏会に負けず劣らず開催されているのがスポーツイベント。

このスポーツイベント、同じように座席指定券が発券される規模のモノであっても、その会場の作りは、コンサートホールとは大きく異なっています。

続きを読む

自力でトンボを付けてこその印刷データ

失敗しないillust_用紙サイズ

トンボを付けるために、用紙サイズを一回り大きく設定する

印刷データを作るときに忘れてはいけないのがトンボ

このトンボは、断裁の時に必要なだけでなく、印刷機に印刷データを設定する時のも必要になってきますから、トンボの無いデータは印刷の準備すらもできないということになります。

そして、このトンボを設定するために必要なのが用紙サイズの設定。

Illustratorというソフトが印刷データを作る専用のソフトであるためにと、現在は、トンボを付けなくてもIllustratorが自動で設定しくれるというありがたい機能が装備されましたが、コレが曲者。

コレで設定すると、裁ち落としに必要な塗り足しがわからなくなるので、トンボは必ず自分で設定しましょう。

アートボードは一回り大きく設定する

Illustratorで印刷物のデータを作る場合、最初に設定するのが『アートボードの設定』。

新規作成メニューの『新規作成』から作業を開始するれば、最初設定する項目項目として出てくる『アートボードの設定』ですが、ココで設定するサイズは、印刷物のサイズよりも必ず一回り大きなサイズを設定しましょう。

自力でトンボを設定するやり方は、どのバージョンも同じ

Illustratorに限らず、どんなソフトもバージョンが変われば操作方法が変わります。

Illustratorも、自動でトンボを設定する方法はバージョンごとに違いますが、自力でトンボを設定する場合は、どんなバーションでも同じです。

トンボ作成の基本は同じ

バージョンによって若干の違いはありますが、トンボを付ける操作では、基本的に同じ操作をすることになり、バージョンごとでその操作コマンドのある位置が違うだけす。

1.作りたいサイズの四角を配置する

A4チラシなら210☓297mmの、チケットならば作りたいサイズの四角をアートボード上に配置します。
この時、その四角の線の設定は『なし』になっていることを確認してください。
この線の設定が『あり』になっていると、その線の太さの分だけ四角が大きくなってしまいます。

2.トリムマークコマンドでトリムマークに変換

次に、メニューバーの[オブジェクト]から[トリムマーク]を選んで適用すれば、それで完了。

ただし、CS4以前のバージョンの場合は、トリムマークはメニューバーの[効果]にあるので注意してください。

3.CS4以前のバージョンはトリムマークを分割する

上記、CS4以前のバージョンでトリムマークを設定した場合は、あとワンクリックだけ作業が必要です。
それは、トリムマークでできたトンボを選択し、メニューバーの[オブジェクト]にある[アピアランスの分割]コマンドを実行すること。

これでトンボの設定は完了です。


似て非なり CMYKとRGBの溝は深い

失敗しないillust_CMYK

印刷で使うのはCMKY ネットで使うのはRGB

印刷で使うインクはC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)の4色。
対して、インターネットなど画像で色を発色させる時はR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)という設定で表現されます。

印刷物はCMYKで作業する

CMYKもRGBも、ともに%で色を設定します。
ここでは、その違いや色の成り立つための原理を学ぶよりは、その色を正確に設定することに注意することの方が現実的ですので、CMYKとRGBの違いに関しての解説は省かせていただきます。

カラーパレットポイントは、チケットを印刷するときは印刷での色設定であるCMYKで作業するということ。
そうしないと、印刷物が仕上がったときに思ったような色にならないことがあるので要注意です。

Illustratorは、前回の作業環境を引きつく

Illustratorは、前回使った色の設定をそのまま引き継いで作業が始まります。 そのため、webで使うデータを作った後に印刷データを作る場合などは、『ドキュメントのカラーモード』や『カラーパレット』がRGBになっているはずですので、必ずCMYKの変えてから作業を開始しましょう。

この、モードをCMYKにしておけば、RGBの画像をIllustratorn持ってきても、自動でCMYKへ変換してくれます。


真っ黒にもいろんな真っ黒があるという不思議 リッチブラック

失敗しないillust_リッチブラック

過ぎたるは及ばざるが如し インクの盛り過ぎには注意しましょう

どんなものにも適量というものがあります。

スパイスは、適量入れるから料理の味が引き立つのであって、入れすぎれば料理の味が台無しになるだけでなく、健康にも悪いということにもなりかねません。

それは印刷の時のインク量でも同じことです。

真っ黒は黒インクだけでは黒くならない

  黒い色は、黒インクだけで印刷したのでは、真っ黒と呼べるほどの濃い黒にはなりません。
濃い黒で印刷したい時には、ほんの少しだけ他の色を加えると濃い黒になります。

ところが、この時にどの色をどの程度入れるのかによって、綺麗な黒ができたりバランスが悪い変な黒が出来上がったりしてしまいます。

完璧な黒の名前 それはリッチブラック

真っ黒なチラシはなかなかオシャレですが、この黒を作るのが実大変。
黒インクだけでは黒の深みが表現されす、残りのCMYのインクを上手に足すことで漆黒と呼べる黒が出来上がります。
この黒のことをリッチブラックと呼びます。

ところがこのリッチブラック、他の色の配色を間違えると、下のチラシのような『変な黒』が出来上がってしまうという大きな欠点を持っています。

赤い黒


ならば、濃い黒にするためにCMYKすべてのインクを100%づつの割合で入れてしまえば、こんな変な黒にはならないと、すべてを100%にしたらさあ大変。
400%今度はインクが濃すぎて乾かずに、チラシやチケットの裏面を汚してしまうという最悪の結果を招いてしまう事に。

『真っ黒』を作るのはとても難しいことなんです。

最適なインクの配合はK 100% CMY 30%

リッチブラックにはゼッタ的な配合というものがるわけではありませんが、だいたいK100%に対してCMYをそれぞれ30%程度加えた割合で黒作れば、それほど偏った黒に仕上がることはありません。

インクの世界にまで「過ぎたるは及ばざるが如し」ということわざが存在するとは驚きです。


チケットの四方を綺麗にしてくれる塗り足しという設定

失敗しないillust_塗り足し

チケットは断裁して仕上がり だから切り落とされる部分にも画像が必要です

チケットに限らず印刷物はすべて、印刷した後に断裁して仕上げます。

そのため、断裁するときに切り落とされる部分裁ち落とし)にある画像が塗り足し

もし、この裁ち落としに画像がなければ無ければ、0.1mm断裁がズレただけで端に白いラインが出現してしまいます。
続きを読む

文字のアウトラインこそが、Illustratorの印刷ソフトたる所以

失敗しないillust_アウトライン


パソコンの文字(フォント)はマシンごとに違う

パソコンでもスマホでも、文字入力するときにフォント(字体)のことを気にすることはありません。
 
でも、このフォントはパソコンそれぞれで使われているものが違い、同じデータを他のパソコンで開いた時に、フォントのせいでレイアウトが崩れるということがあります。

そこで登場するのがIllustratorのアウトラインという機能。
続きを読む

座席指定券印刷でここまで出来る ナンバリングで出演者別のチケット作成

座席指定見本_東京電力ワークショップチケット;
チケットハウス 》 座席指定券の作り方 》 出演者別チケット 実例


座席指定券は、座席番号を入力するだけのチケットだと思ってませんか。
ナンバリングを活用すれば、イベントでの出演者別やゲスト別の指定券だって作れるんです。
続きを読む

画像データは埋め込みが基本 忘れるととんでもないことが起きる

失敗しないillust_画像

恐怖!チケットにいるはずに画像が消えた!

チケットに出演者の写真を使ったり、背景に画像を敷いたりするのはよくあることですが、設定を間違うと、印刷が仕上がってきた時に、その写真がいないということが起きてしまいます。
続きを読む

座席指定券の印刷データは、ココをチェックすればOK

失敗しないillust_扉
チケットハウス 》 失敗しないIllustrator

座席指定券の印刷データIllustratorで作ろう

座席指定券用の印刷データは、通常のチケットよりも正確さを要求されます。

そうなると、やはり印刷対応ソフトのIllustratorで作るのがベスト。

Illustratorはプロも使っている本格ソフト

Illustratorは、プロのデザイナーさんも使っている印刷対応ソフトなので、詳細なデザインができ、サイズ設定なども完璧です。

細かなデザインをしなければ、操作は直感的で超簡単

プロも使っているのソフトとなると、操作が難しいのではと思われがちですがそれは間違い。

高度な機能を有してはいますが、それはプロが使う機能で、座席指定券のデータを作る程度なら、すぐに覚えることもできます。

演奏会のチラシからホームページの部品まで作れる優れもの

Illustratorは、操作さえ覚えれば、コンサートのチラシからホームページで使う部品まで作れる便利なソフトです。

Illustrator操作のポイントを解説

このコーナーでは、Illustratorビギナーでもわかる印刷データ作成のための基本設定と、意外と間違えやすい応用設定を解説。

これでチケットの仕上がりもバッチリです。


content

基本設定
用紙サイズCMYK
リッチブラック塗り足し
文字のアウトラインスペース


応用設定
塗りと線アピアランス
透明画像
オーバープリントスペース
キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
営業日カレンダー
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード