座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

ナンバリング

ナンバリングで何を変化させるのか

一生懸命デザインしてます 01-500

【基本】ナンバリングチケットのどこが変わるのか

ナンバリングでチケットを作る時に、最初に決めるのは、チケットのどの部分が変化するのかということです。

座席指定券と聞くと、列・番や階・列・番が変化するというのがすぐに浮かんでくると思いますが、1階席と2階席とで料金が違う場合は、料金も変化させなければいけません。

また、スタジアムクラスの会場の場合は、入口別の記載が必要になったり、ブロック表記が発生したりもします。

他にも、日にち別、会場別、出演者別のチケットをナンバリングして印字したり、個別の注意書きすらナンバリングで処理することも可能なのです。

 

ナンバリングの形態にあわせてチケットデザインを決める

ナンバリングは、まずチケットを印刷した後にナンバリング部分を印字します。

そのため、チケットデザインを考える時点で、ナンバリング位置を考慮したデザインにする必要がでてきます。

せっかく個性的なナンバリング方法を思いついたとしても、それを印字するスペースがチケットに無ければなんの意味もありません。

座席指定券_あとから印字

過去には、たくさんの項目を設定したのにナンバリングスペースが小さいために、とても小さな文字でナンバリングをすることになった。
写真の上にナンバリングをしてみたら、ナンバリング文字が読めなかった。
などの失敗例はたくさん存在します。

ナンバリングの設定項目は票券管理だけでなく、チケットのデザインにも大きく影響することを理解してください。

続きを読む

あとから印字することの難しさ

デザインに行き詰った 01-500

ベースのチケットを印刷した後にナンバリングする

すでに印刷したチケットにさらにナンバリング印字する。

普通に考えても、ズレる、かすれる、読みにくいというようなことが起きることは想像できます。

 

▼ エクセルデータがそのまま入力される

▼ ナンバリングスペースはしっかり確保する

▼ 文字数が増えればはみ出すのは当たり前

 

ズレる、はみ出す、読みにくい

あとから印字する場合の最大の問題点が、ズレる、はみ出す、読みにくいです。

もちろん、ズレといっても0.数ミリですし、白い部分の上に印字すれば読みにくいということはおこりません。

しかし、デザインを優先して5ミリ幅のところにナンバリングをすれば、0.5ミリずれただけでもズレはわかりますし、ピンポイントで印字する必要があるデザインでは、0.数ミリのズレは致命的です。

 

ナンバリング項目はエクセルデータの通りにしかナンバリングしない

チケットにナンバリングする文字は、エクセルでデータとして作っておく必要があります。

ココもデザイン的に重要なポイントとなるのですが、エクセルデータの通りにしか入力されませんから、エクセルデータの項目分だけチケットにスペースが無ければ印字することができませんし、あとから項目が増えても、やはり印字することはできません。


【注意1】 エクセル上のデータがそのまま入力される

実例として、以前「1〜10番」「14〜20番」「25〜30番」という表記でデータを作れたお客様がおられました。

人間は、「1〜10番」ならば「〜」の部分を想像しますが、コンピュータは「〜」としか入力してくれません。

 

【注意2】 A席とS席の料金が違うのなら、料金の入力スペースが必要

NOW P

A席とS席がある場合、席と列番とを入力するスペースがあればいいと思ってしまいがちですが、A席とS席の料金が同じということはないのではないでしょうか。

だとすると、料金を入力するスペースが必要になってしまいますが、それがデザイン上存在しないとしたら…。

ナンバリングに必要な綱目はすべて設定し、なおかつそれが入力すべき位置に入力されるようにチケットがデザインされていなければいけません。

 

【注意3】 文字数が多くなればはみ出すのは当たり前

特殊なことを言っているように思えないかもしれませんが、チケットをデザインする時に一番見落とすのがコレ。

『S席』と『車いす席』とでは倍の長さになりますし、『バルコニー席』ともなれば、さらに1文字分長くなります。

特に、チケットデザイン担当の方が座席表を事前にチェックすることはまれですし、また別問として、座席の表記方法によって文字数が変わってしまうというのも、意外とありがちなことです。

文字が多くなることがわかっている場合は、チケットデザインの段階で十分なスペースを取っておく必要があるります。


 

 

各チケットで変化する部分 それこそがナンバリング

一生懸命デザインしてます 01-500

チケットごとでどこが変わるのかを考える

ナンバリングでチケットを作る時に最初に決めることは、チケットのどの部分が変化するのかということ。

列・番が典型例ですが、ナンバリングで変化させることができるのはそこだけではありません。

座席番号が変わったり日付が変わったり、会場が変わったっていいんです。

まずはチケットの変化する部分を決めることがナンバリングチケットを作るスタートで、そこが決まらなければ、チケットのデザインを決めることすらできません。


イベントの形態やチケット管理の目的にあわせてナンバリングを決める

複数会場の公演だから。
座席指定券だから。

ナンバリングチケットを作る目的は公演ごとで違いますから、その公演やイベントにあったナンバリング項目を決める必要があります。

一生懸命デザインしてます 01-500

また、ナンバリングで対応せずに、複数公演なら公演ごとでデザインを変えてチケットを印刷する場合もありますし、席種でチケット料金が変わる場合でも、はじめから料金をすべて印刷して、席種のみをナンバリング処理する場合もあります。

ナンバリングの設定項目に決まりはなく、管理方法やチケットのデザインによっていろいろに変化するんです。

続きを読む

ナンバリング活用事例

  • 現在作成中

会場の数だけ座席指定券の作り方がある

座席指定券の作り方_アイキャッチ

あなたの知らない座席指定券がこんなにたくさん

このページを見ている方は、はじめてチケット担当になり、はじめて座席指定券を作らなければいけなくなったのではありませんか。

そんなあなたが、いつも行っている音楽ホールを思い浮かべて
「座席指定券なんて列と番だけ指定できればいい」
と考えているのなら大変。

座席指定の仕方は、会場の形の数だけあるんですよ。

続きを読む

ナンバリングでできるこんなこと

NOW P

チケット1枚づつ違う内容を印字するのがナンバリング

ナンバリングが便利だということはわかっていても、そのナンバリングがどんなものかは、意外とわかっていなかったりするもの。

便利な機能なのに、中身をよく理解していないためにうまく活用しきれていないナンバリングを、わかりやすく解説します。


ナンバリングは、数字以外も印字できる優れモノ

 

ナンバリングという言葉から、数字だけを印字すると思われがちですが、正式にはバリアブル印刷と呼ばれ、数字以外も印字することができるんです

連番でチケット管理をしたり、座席番号を印字するして座席指定券を作ることばかりを連想しがちですが、日にちや会場名、やろうと思えば演目や出演者の名前まで印字できるのがナンバリング
ナンバリングを理解すれば、あなた思い通りのチケットを作ることができます。


ナンバリングで、こんなチケットが作れます

 

▼ 座席指定券

NOW P

ナンバリングチケットの定番は、やはり座席番号が入った座席指定券

この座席指定券だって、単純な列・番だけでなく、S席やA席という席種から、席種別で違う料金まで、いろんな形でナンバリングが可能です。

 

▼ 会場別イベントチケット

NOW P

大きな野外イベントで複数の会場があったり、ツアーでいくつもの会場を回るときにも、ナンバリングチケットは威力を発揮します。

会場名をナンバリングすれば、イベントやツアーとしての統一したチケットデザインができて、会場名だけは差し替えることができる。

もちろん、日にち別のチケットにすることだって可能です。

 

▼ 曲目をチケットに書いてしまう演目別チケット

NOW P

複数ステージがあるライブで、ステージごとに曲目を変えたり、セミナーなどで内容別のチケットにしたりと、ナンバリングチケットの応用力たるや凄いのひと言。

十分なスペースを取っていれば、ある程度の文章だって入力可能です。

 

▼ 今日のゲストを書いてしまう

NOW P

ゲストミュージシャンにお笑いライブの出演者。

ステージごとや日替わりで出演者に変動があるときでも、ナンバリングを活用すれば1種類のチケットデザインで大丈夫。

 

座席指定券ハウスナンバリング 》 ナンバリングでできるこんなこと


座席指定券の納期短縮は、月曜申し込みで土曜着が最短

ナンバリング納期
トップナンバリング 》 ナンバリング方式


座席指定券の発送は、お申し込み日の8日後

座席指定券は、印刷後にナンバリング処理をしますので、お申し込み日の8日後の発送となります。

また、お急ぎのお客様は印刷日数を短縮することで納期短縮が可能です。
ただし、最短で4日短縮となりますので、週末に座席指定チケット発売といいう場合は、その週の月曜にお申し込みいただきませんと間に合いませんのでご注意ください。(ナンバリング2000番まで)



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリングを使った座席指定券の申し込みは、たった3ステーップ

座席指定券お申込み
トップ 》 ナンバリング 》 ナンバリングのお申込み


ナンバリング使ったチケットのお申し込みはこんなに簡単

チケットにナンバリングをご希望のお客様は、次の手順でお申込みください。

座席指定券申し込み

データを申し込みフォームにドロップするだけの簡単申し込み

1.エクセルでナンバリングデータを作る

事前にエクセルデータを作っておかないと、お申込時にナンバリング設定を記入できない場合が発生します。

2.座席指定券お申込みフォームを入力

お申込みフォームに、チケット用紙の厚さや必要枚数をご記入ください。

3.お申込みフォームのデータをドロップ

ナンバリングデータは、印刷データとともに圧縮して、お申込みフォームの添付ファイルスペースにドロップすれば完了です。

ナンバリングオプション解説

座席指定券印刷のお申込み欄にある、ナンバリングに関する入力項目をご説明します。

ナンバリング様式

  • 連番
  • 列 番
  • 階 列 番
  • 席 金額 列 番
  • 席 金額 階 列 番
  • 特殊指定
ご希望の様式が無い場合は、最後の『特殊指定』をお選びいただき、作業指定欄に詳細をご記入ください。


オレンジ ナンバリングフォント

ナンバリングフォントをは、連番以外は日本語フォントのみをお選びいただくこととなります。
連番のご依頼の場合に限り、英数字フォントをお選びいただけます。
また、フォントサイズは、印刷後にナンバーを入れるため、弊社で調整いたします。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリングを徹底活用 数字から固有名詞までなんでも入力しよう

ナンバリングを使うと、座席指定券以外も作れる
トップナンバリング 》 ナンバリング活用法


チケットの中は使えたいことだらけ


ナンバリングの例

ナンバリングチケットは、印刷後にエクセルのデータを入力する方式ですから、数字以外の印字も可能。

もちろん、半券と本券で別々のナンバリングにしてもかまいませんし、組み合わせることでいろいろな情報をのせることができるので、ナンバリングの形式は無限にあるといってもいいほどです。

ナンバリングをご理解いただけば、座席指定券以外にもいろんな形のチケットが作れますよ。

チケットごとで日時や時間を変える

イベントの開催日時やステージの時間を変えるのはもとより、整理券で枚数を進むごとに残り枚数をカウントダウンしたり、イベントに合わせた入場制限者数を変えることまでできます。

チケットごとで固有名詞を変える

会場名にイベントスペースのエリア名。展示会場でのセミナー名や、アミューズメントでのアトラクション名まで。
固有名詞を変えると、そのチケットが指定するものが変わる。

こうなってくると使い方は無限に広がってきます。


ナンバリング設定、これだけは忘れずに


設定で料金が変わります

2012年  4月  24日  14:00開演

年・月・日・開演を別々設定すると設定は『4箇所』となり、設定料金は4,000円が必要になります。
でも、 2012年4月24日  14:00開演
と記載事項をまとめてしまえば、設定は2箇所で済みます。

ただし、そのためのナンバリング用エクセルデータを作るのは少し難しくなるのと、チケットのナンバリングスペースにがきれいに収まらない可能性が出てきますので、その点に注意しましょう。

はみ出しには要注意

はみ出し

上のチケットは、それまで数字だったナンバリングスペースに、突然車いす席の表記が入ったために席番の表記がはみ出した例です。

1箇所に多くの文字を入れると、はみ出してしまったり、他のチケットと文字位置がずれたりすることが起こります。
また、デザインとのバランスが大きく崩れて、表記の意味がわからなくなるることもあるので、記載要素をブロックごとで考えるのがベストです。

文字間隔は調整できません

ナンバリング機での印字では、文字の間隔は微調整できません。

例 … 2012年4月24日  (水)  14:00開演

上の例は、3設定の曜日の『かっこ』部分が、文字間隔の調整ができないためにやけに広がって印字された例。
この場合などは、別ブロックに曜日を設定すればブロックごとの配置位置を調整できますから、このような間延びしたナンバリングを避けることができます。

特に、途中で文字数が大きく変わる場合や表記方法が極端に変わる場合は、設定したブロックに収まりきらずに、文字が欠けてしまう場合がありますので、必ず事前にご連絡ください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリングデータをエクセル以外で作る googleスプレッドシート活用法

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


excelエクセルを持っていなくても、googleの機能で簡単にナンバリングデータを作ることができます。

googleのアカウントを取得しよう


googleは、インターネットの検索だけに使い物ではありません。
アカウントを取得すれば、メールが使えたりデータが保存できたりと、大変便利なサービスを無料で使うことができます。

アカウントの取得はとても簡単ですから、すぐにあなた専用のアカウントを取得しましょう。  googleホームページ



googleドライブには、ワードやエクセルが装備されている


googleのアカウントを持っている方がgoogleにアクセスすすると、自動的にあなた専用のページ表示されるようになります。
左上にある『もっと見る』をクリックすると、下方向にメニューが表示されます。

googleドライブの使い方

最初に表示されている『ドライブ』をクリックして、googleドライブの画面を表示させましょう。

googleドライブは、データを保存することのできるサービスですが、標準で『ワード』や『エクセル』と同じ機能を持つ『文書(ワード)』や『スプレッドシート(エクセル)』が装備されていますから、これを使って座席指定用のナンバリングデータを作ることができます。

googleドライブ文章
文章
googleドライブスプレッドシート
スプレッドシート



スプレッドシートで座席指定用のナンバリングデータを作ろう


googleドライブに装備されているスプレッドシートは、エクセルの簡易版のようなもの。

座席指定用のナンバリングデータは、数字が並んでいるだけの単純な作りなので、このスプレッドシートで十分に作成が可能です。

googleドライブの使い方01


左上の『作成』ボタンをクリックして『スプレッドシート』を選びましょう。

googleドライブ_スプレッドシート01

方眼紙のような画面が出てきましたが、これがスプレッドシート

表を作るための原本のようなもので、各ます目に数値や文字を入力して表を作成するシートです。

googleドライブ_スプレッドシート02

この表の中に座席番号やチケットの金額を入力すれば、それだけで座席指定券用のナンバリングデータが出来上がります。



戻る 01 02 03 次へ


座席番号を入力したらドラッグするだけの簡単操作

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


excel

覚える操作はドラッグのみ

座席指定券のエクセルデータを作るのに、難しい操作は必要ありません。
セル(ます目)に数字を入力したら、あとはドラッグするだけです。

項目設定をしよう

最初の(横の並びを行、縦の並びを列と呼びます)に、チケットに設定するナンバリングの項目を入力します。

文字や数字を入力するます目のことをセルと呼びますが、ひとつのセルにはひとつの項目を入力します。
決して、セルの中に複数の項目の数字が混在しないように注意しましょう。

数値をしよう

今回は、『階』 『列』 『番』 の座席指定券を作ります。

最初に『階』の設定です。

googleドライブ_スプレッドシート03


階という文字のの下に1と入力します。
これが、チケットでは『1階』と表示されます。

こうして、座席指定のデータはを各項目の下に順次入力して行きます。

ドラッグして連続入力

ココからが、パソコンの便利さを実感する瞬間。

googleドライブ_スプレッドシート04

最初の数値を入力したら、その数値を入力したセル(ます目)の右下角にマウスをもって行きましょう。
すると、マウスが『十』に変化しますので、そのまま下方向にマウスを押したまま下げて行きます。

googleドライブ_スプレッドシート05


この、マウスボタンを押したままマウスを移動させることをドラッグといい、複数のセルを選択するときに使います。

先ほどの、マウスが『十』になったときにドラッグをすると、入力していた数値がドラッグした方向へ連続してコピーされて行きまから、これを使えば1階席が600席あっても簡単に1という数字を600個入力することが可能です。

連続した数字も自動で入力してくれる

この機能には、さらに便利な使い機能が隠されています。

それは、座席番号のように数字が変化するようなデータも、ドラッグで簡単に連続入力ができてしまうというもの。

googleドライブ_スプレッドシート06

最初に、席番号のセルに『 1 』 『 2 』 と入力します。

そして、先ほどと同じように、右下にマウスを持って行ってポインターが『十』に変わったら、必要な数だけドラッグをします。

そうすると、今度は連続した数値がセルに入力されました。

googleドライブ_スプレッドシート07

これは、最初に数値の並びの規則性をこのシートが認識して、その規則性に沿って数字を自動で入力してくれるという機能のおかげ。

ちなみに、最初に3づつ増える数値を設定しておけば、3づつ増える数値が自動で入力されて行きます。

不要な座席も入力してから削除すると、作業も早い

このようにして、簡単に連続した数値が入力できるのですが、劇場はすべての座席番号が並びの数字だとは限りません。

そんなときは、1から50までの座席番号が最多の場合、すべての座席番号を入力したのちに、不要な座席の番号の部分を選択して『を『削除』すればいいだけです。

不要な部分の数値が、シートの左端の数字部分を選択して『右クリック』。
出てきたメニューの中から『行 - を削除』を選んで行ごと削除してしまえば簡単です。

googleドライブ_スプレッドシート08



戻る 01 02 03 次へ


データをデスクトップに保存してメールでお送りいただけば完了

チケットハウス 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


エクセルデータをパソコンに保存しよう

作成した座席指定券用のナンバリングデータは、パソコンに保存することができます。

エクセル形式で保存しよう

googleドライブで作成したスプレッドシートをパソコンに保存するには、上段の『ファイル』から『形式を指定してダウンロード』を選択。
『 Microsoft Excel(.xlsx) 』をクリックすると、保存先を指定する画面が表示されますので、分かりやすい場所に保存してください。

googleドライブ_スプレッドシート09


保存したナンバリングデータは、メールに添付してお送りいただければOK。


スプレッドシートは、売上げ管理や会員名簿などにも使えます

googleドライブのスプレッドシートは、いくつでも作ることができますので、座席指定券のナンバリングデータだけでなく、チケットの販売管理顧客名簿などにも使えます。

エクセルほどの高機能ではありませんが、住所録程度ならすぐに作ることが可能。
操作方法はエクセルと同じですから、インターネットにあるエクセルのマニュアルサイトやハウツーサイトの基本編を見るだけで、すぐに使えるようになりますよ。



戻る 01 02 03 次へ


キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード