座席指定券印刷のチケットハウス

演奏会やスポーツイベントの座席指定券に公演日別の指定券。ナンバリングを使えばどんなチケットも簡単に印刷できます。

ナンバリング

ご希望のナンバリング方法をご指定ください

座席指定券のレイアウト指示
トップナンバリング 》 ナンバリング方式


Illustratorにナンバリングレイヤーを作って指定してください

ナンバリングの位置やフォント(文字)の指示は次の方法で行ってください。

ナンバリングのレイアウト

申し込みフォームで指定する

▼ ナンバリングフォント

ナンバリングフォントはお申し込みフォームでご指定ください。

印刷データ上で指定する

▼ ナンバリング位置

Illustratorにナンバリングレイヤーを作ってそこでご指定ください。
※ナンバリングレイヤーは印刷されません

▼ フォントサイズ

フォント(文字)サイズは、印刷後のナンバリング処理という特性から、基本的には弊社でナンバリング指定位置にうまく入るように調整いたします。
※ナンバリングレイヤーは印刷されません


ナンバリングの特性と限界

印刷したチケットの印字するというナンバリングの方式は、いろいろな面で制約があります。

▼ 位置ズレ

後から印字するため、数ミリという幅ですが印字位置に誤差が出ます。
文字自体が小さいために、たった数ミリでもズレがわかることもありますので、狭い場所へは印字が難しくなります。

▼ 数字の強調

数字を目立たせるために列や番の文字より数字を大きく印字する場合は
設定数が多くなる
ズレのためにバランスが悪くなる
この2点に関してご了承いただく必要がございます。

データ上での指示でなく、メールやお申込フォームでご指定いただいた場合は、言葉の受け取り方の違いからご希望通りに仕上がらない場合もございます。
ま何bなリング指定位置にうまく収めるために、弊社での微調整は必ず必要になりますので、その点はご了承ください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



座席指定券は、ナンバリングの位置合わせが最大の難関

座席指定券のナンバリングはみ出し注意
トップ 》 ナンバリング 》 ナンバリング方式


フォントサイズや位置調整はおまかせください

ナンバリングは、通常のオフセット印刷をした後に印字するため、ナンバリングの位置が微妙にズレることがあります。

微調整は弊社におまかせください

ナンバリングのポイント


微妙な位置調整は弊社で対応いたしますが、それに伴いフォントサイズの微調整もいたします。

ご希望のスペースに入れる場合に、ご指定のフォントサイズではうまく入らない場合などに、1〜2ポイントほどフォントサイズを下げる場合がございますのでご了承ください。

ズレ

チケットデザインには少しだけ余裕を

隙間に座席番号やチケット管理番号を入れるようなチケットデザインの場合は、上下左右に少し余裕を持たせていだくと、うまくなんばリングが収まります。

また、ナンバリング位置のすぐ近くに画像やマークが配置してありますと、ズレで重なる可能性がございますので、その点も考慮してデザインをお願いいたします。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



綺麗な座席指定券は、英文フォントと和文フォントの理解から

トップナンバリング解説 》 英文フォントと和文フォント




ココだけは外せない、和文と数字の使い方

フォントには和文フォントと欧文フォントがあります。

和文フォントと英文フォントの混在

階・列・番などの表記が入る座席指定チケットの場合は、基本的には和文フォントを用います。

和文フォント

本来、数字に関しては欧文フォントの方が整っているのですが、これはあくまでも欧文フォントのみを使ってレイアウトすることが前提となっています。

そのため、和文フォントと欧文フォントを混ぜてしまうと、下の例のように漢字と数字がバラバラになってしまうことがおきるのです。

混在フォント
階・列・番は和文フォント、数字は英文フォント


弊社で選べるフォントは和文フォントが基準になっており、英文フォントは管理番号や連番のみとなっています。

全角文字と半角文字の違い

普通にパソコンを使用する時、デザインやプログラムなどをする人以外あまり気にしないことのひとつに、文字の半角全角という入力方法の違いがあります。

ABC 全角と半角の差
アルファベットの大文字・小文字と間違ってしまいそうですが、これはあくまでもデータとしての違いで、フォントによっては、ここまで文字サイズや間隔に差が出ることもあります。


エクセルは、基本的には数字は半角で入力されますが、月日を入力するときや、別の操作で全角を入力する設定になっていたりすると、全角数字が入力されてしまうことがあ、気付かないうちに、こんな座席データを作っている可能性がでてきますからご注意ください。

全角-半角座席指定券のエクセルデータを作る際には、必ず言語バーの『入力モード』が『直接入力』になっているかのチェックすることをオススメします。



 》 》 言語バーの説明  言語バー


チケットを印刷してからナンバリングの2段階加工

座席指定券_あとから印字
トップナンバリング 》 ナンバリング方式


ナンバリングチケットの作成は2段階

ナンバリングチケットは、2段階の作業を経て仕上がります。

ナンバリング方式


チケットをオフセット印刷で印刷

まず最初に、ナンバリング部分が空欄のデザインのチケットを、オフセット印刷で印刷します。

普通の印刷方式ですから、特殊なデータを作る必要もありませんし、仕上がりももちろん綺麗です。

刷り上がったチケットにナンバリング

次に、仕上がったチケットにナンバリング内容を印字してゆきます。

そのため、印刷とは別に1日のナンバリング作業日が必要になりますし、ナンバリング機の印字能力(、6000字/1日)との兼ね合いで、ご依頼1件に対して1日3000番までしか印字ができません。
連続公演やドーム公演などのご依頼の場合、2~4日印字に必要になる場合がありますのでご注意ください。

チケットデザインには最新の注意を

このように、印刷したチケットに後からナンバリング処理を行いますから、どうしてもベーツとなるチケットのデザインに制約が出てしまいます。

▼ 濃い色の上に印字すると読めません

チケットに地色を敷いたり写真を背景に使ったりしたて、ナンバリングする位置に濃い色の背景があると、その上から印字しても読めないということが起こります。

できるだけ、ナンバリングする位置は白枠などで囲った何もないデザインをご検討ください。

▼ 細い隙間にナンバリングするとずれます

ナンバリング機の印刷精度は、オフセット印刷機よりも劣ります。
また、一度印刷されている紙に印字するため、用紙字体が若干ですが平らでなくなています。

そのため、ナンバリングの印字位置は各チケットごとで数ミリのズレが発生します。

周りに何もない図案であれば数ミリのズレは全くわかりませんが、微妙な隙間にナンバリングするようなデザインの場合は、他のデザイン要素に重なったりすることがありますから、余裕のあるチケットデザインをおすすめしまう。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリングチケットはこうして印字されます

座席指定券のナンバリングはみ出し注意
トップ 》 ナンバリング 》ナンバリング仕様

印字を理解して綺麗なチケットを作る

印刷したチケットに後から印字するナンバリングの仕上がりは、どれだけチケットに馴染むかがポイント。

そのためにも、ナンバリング印字に関してしっかり確認しておきましょう。

ナンバリング仕様の確認

ナンバリング仕様


ナンバリング機で印字される座席番号や数字は、文字サイズや色に制約があります。

▼ フォント

フォント(文字)はゴシック系と明朝系を選べます。
チケットのデザインとの兼ね合いを考えてお選びください。

▼ サイズ

文字サイズは最小4ポイントですが、印刷後の印字のため、下の図案に大きく影響を受けますから、できるだけ大きな文字設定にしましょう。

▼ 文字間隔

文字の横幅や間隔はフォントによって違います。ナンバリング機はIllustratorの様に文字間隔を調整することができませんので、長い文字をナンバリングするときは設定を分けてください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



ナンバリング料金は設定の仕方で大きく変わる

座席指定券_こんなに便利
トップナンバリングに関して 》 ナンバリングの料金設定

ナンバリングが変化する場所こそが料金や活用法の決め手

座席指定券で活用されるナンバリングは、その応用範囲は無限大と言ってもいいほどですが、使い方や料金のポイントはただひとつ。

それは、どの部分が変化して行くのかということ。

変化する部分を設定する都度に料金が発生するので、無駄なく効率のいい設定をすれば、票券管理チケット販売が楽になるだけでなく、チケットの印刷代金も抑えることが可能になります。

ナンバリング料金は設定数と印字代で計算

ナンバリング料金の計算式はこう。

チケットハウス_ナンバリング_料金

チケットハウス_ナンバリング_料金黒板内容の変化するナンバリング部分1カ所の設定につき1,000円)。
本券・半券で1セット


この設定料金に、チケット1枚に印字する印字単価2円を枚数分加えたものがナンバリング代金となります。

▼ 設定箇所

ナンバリングが変化する場所を1箇所設定するごとに1,000円かかります。

この設定は数字が1箇所ということではなく、スペースが1箇所となりますから、『A列12番』という場合は、『A列』と『12番』の2箇所を設定してもOKですし、『A列12番』と設定しても大丈夫です。
ただし、『A列12番』と一気に設定すると、途中で『バルコニー 14番』のような長い文字がでてきた場合は、文字がはみ出してしまいますし、エクセルデータ入力で全角文字・半角文字を理解していただいていないと、やはりはみ出してしまいます。
また、同じ項目(列や番)を本券と半券に設定する場合は、2箇所ではなく1箇所計算となります。

▼ 印字

印字は1枚2円となります。

ナンバリングの詳しい解説

ナンバリング作業自体をご理解いただくと、さらに便利なチケット作ることができます。

下に並んだボードで、ナンバリングの設定方法から弊社へのご依頼方法までを解説していますので、ぜひご確認いただいて、あなたの公演にあった最高のチケットを作ってください。



ナンバリング_方式 ナンバリング_仕様 ナンバリング_注意点
ナンバリング_ポイント ナンバリング_例 ナンバリング_エクセル
ナンバリング_お申込み手順 ナンバリング_レイアウト ナンバリング_納期



キーワード
お店案内
がんじろう工房
東京都練馬区東大泉6-42-30

チケットハウス_営業受付時間

チケット印刷の申し込み方法チケット印刷データの入稿方法チケット印刷 納期
チケット印刷代金の支払い方法チケットハウスのサイトマップチケット印刷 よくある質問

お問合せはこちら >> チケットハウス_メール

チケットハウス_サイトポリシー
チケットハウス_販売法
営業日カレンダー
座席指定券作成 はじめに
座席指定券作成 ナンバリングに関して
座席指定券印刷
座席指定券 事例
QRコード
QRコード